肌断食で段階的に肌質を変えることでニキビも消える

女性なら誰しも、綺麗な肌に憧れます。

毛穴、ニキビ、ニキビ跡。朝鏡を見てスッピン肌の調子が良かったらお化粧も外出も楽しいですよね。しかし、いくら食事に気をつけても、ゴールデンタイムにしっかり寝ても、ホルモンバランスや体調が乱れた時はやはり肌からのサインが出てしまいます。

当方、10代後半からひどいニキビに悩まされ、時間が経つごとにその悩みはニキビ跡、毛穴の開きに変化。20代後半になった今、よく見ると薄いシミのようなものまで現れだしました。もちろん、肌に良いとされるものは何から何まで試した自信があります。

病院に通い、エステにも通い、お互い美容液にも手を出しました。が、それらのどのお手入れよりも、信じられない簡単ケアに、それまでの常識を覆されることに。

2年ほど前、若さ特有のニキビの多さが落ち着き、悩みのタネはニキビ跡や乾燥といった大人の肌へと変化してきました。スッピンは誰にも見せられない!と、いつでもフルメイクで外出していましたが、ある日その呪縛から解かれることに。

そのきっかけとはズバリ「お手入れの簡素化」。かつては自分の肌があまりにもコンプレックスだったため、とにかく暇さえあれば鏡で粗を探し、少しでも見栄えが良くなるよう手を施す日々。小鼻にみつけた小さな毛穴詰まりを拡大鏡で見つけては、毛抜きで抜いたりもしていました。

今思えば、これがどれほどナンセンスだったか。いくら手をかけても劇的に変わる兆しのない肌に嫌気がさし、「もうこれでいいや!」とそろえ始めたのが無印良品の基礎化粧品でした。そして結果的これが大正解。

何層にも重ねていた基礎化粧品を全て辞め、一週間ほどの肌断食。その後、毎日のルーティンを至極シンプルなものにしてみました。ブースターとして無印良品のホホバオイル。その上から化粧水、乳液。以上。それまでは高いものを顔に塗りたくり、その上から高い化粧品で粗を隠し、空き時間にはまたお化粧を重ね…。

これらの全てがお肌をボロボロにし、「贅沢汚肌」を作っていたことを実感。肌断食で段階的に肌質を変えたあと、一度リセットしてみてはいかがでしょうか。笑えるほど大きな効果を、安く手に入れられるかもしれません。