ビタミンC誘導体で美肌、美白、アンチエイジング効果を実感

肌の老化を防いで、いつまでも若く美しい肌を保ちたいのは誰もの願いです。

アンチエイジングや美肌のために、いろいろな美容成分が話題になっています。コラーゲン、ヒアルロン酸、各種のビタミン等々数え上げればキリがありません。化商品以外にも、食品やサプリメントとして摂取するものなど、いろいろ種類があります。その中でも、化粧水やクリームなどに配合して美容効果が高いと注目されているのが、ビタミンC誘導体と言われる成分です。

私たちの体は日々のストレスや、紫外線、有害な食品、飲酒や喫煙などが原因で、過剰な活性酸素を発生させています。活性酸素は細菌から体を守るために必要なものですが、増えすぎると、皮膚の細胞にダメージを与えてしまうというマイナスがあります。活性酸素の酸化作用によって、シミやしわなど、さまざまな皮膚のトラブルの原因になるからです。

ビタミンCは、このような活性酸素から体を守る抗酸化作用があります。皮膚を守って肌をきれいにする美肌、美白、アンチエイジング効果の高いものです。

ところが、ビタミンCは成分が不安定で壊れやすいため、そのままでは効果がでないという欠点があります。ビタミンC誘導体はそういうビタミンCを加工して、誘導体化させたものです。皮膚への吸収力を高め、皮膚の中で酵素反応によりビタミンCに変化させることができます。

ビタミンC誘導体は、紫外線によるメラニン色素の生成を抑制し、できてしまったメラニン色素を取り除いて、シミやそばかすを予防したり薄くしたりする美白効果もあります。また、皮脂の分泌をコントロールしてニキビの予防、治療や、コラーゲンの生成を促してしわやたるみなどをできにくくしたりする効果や、新陳代謝を促す効果があります。

ビタミンC誘導体には、水溶性、油溶性などの種類があり、水溶性のものは皮膚に浸透しやすく、化粧水や美容液に配合されています。油溶性のものはクリームなどに配合され、ゆっくり浸透するため効果が穏やかで、肌には優しいという利点があります。両方の性質を持つものもあり、体質や皮膚の状況に合わせて選択します。