私が便秘になった時、どう対応して改善へもっていくか

1、自分が便秘気味になった原因について。

自分は現役で勤務中は便秘を意識していませんでしたが、定年後約2年間、家で念願のある作品作りに精を出した頃に、便が不規則でした。
その後田舎を親類に任せていたのが、親類の体調変化があり自分が診る必要でて週の内4日程度田舎で過すようにしました。

田舎では差ほど多くはないが、柿、栗、桃、八朔の果物があり結構忙しく手入れ収穫し、近所親類、友人知り合いに送りました。

この生活してる頃はほぼ便秘を意識しませんでした、が数年後田舎を親類に渡した事により又自分が自宅で過す事となりますと、
また便秘気味になってきまして、毎日通便がなくなり、それがだんだんひどくなる傾向で、3日目毎という事もありました。

これでは体に悪い、そこで振り返ると田舎では体を動かし、又果物をも食べていたのが良くなったからだ、やはり自宅と田舎の
生活に、それなりの差があり便秘なったのかと判明した次第でした。それで種々気を付けて情報等を集めますと、まず運動不足、
次いで野菜果物不足、水分不足、またあまり小食過ぎてもいけない等との事でした。

2、そこで便秘の解消として以下の事を守り、現代に至っております。

先ず食事では野菜を意識的に食べる、事実毎回キャベツを一握り自分で刻みレンジで30秒チンをする、その上にオリーブ油を
ほんの少しかけて、湯がいた人参を少し乗せてからソースをかけて食べる、これは家内に頼まず常に自分で作ります。

食後の果物は、バナナ、かリンゴをすこし、それに水を意識的に飲むようにし、後、食べる量は通常量としています。
これはある病で10日ほど入院した時、食事量が少なくて便秘気味となったためです。

それから運動する事ですが、田舎では必要に迫られてそれなりに体を動かしていたが、自宅ではそうはいかにので、
無理に動かす必要あります。

先ず散歩です、毎日ではないがほぼ隔日、時間にして50分程度をある程度早足で歩きます。

気候のいい春、秋は歩く日にちが多くなりますが、夏と冬期は少し回数が減りますが、基準は隔日を意識しています。

他、毎日している事は室内体操です、これは毎日20~25分程度、主に全体運動の他過去「NHKの試して合点」より放映された内容に自分流を加えた、肩、腰、太もも、膝、に両手を互いに反対回し、等を組み合わせております。

単なる運動というより、各部分を鍛えて痛みの発生予防をも、と勝手に思って実施しています。