アンチエイジングと深い関りがあるDHEA

DHEAは足りていますか?この成分はアンチエイジングと深い関りがあります。

ここでは老化を抑制できるDHEAについて知りましょう

DHEAが少なくなるとどうなるのか?

人間は年を取ると顔がかさついて、シワも出てきます。このような美容上の問題も実は老化と共に少なくなるDHEAと関りがあるのです。このDHEAは副腎皮質から分泌されるホルモンの事です。・DHEAの効果 見た目に若々しい肌をキープするために必要な事はコラーゲンの量、そして皮脂の分泌、共に十分でないといけません。ですが、DHEAが少なくなるとその両方とも減少する事は知られています。

DHEAはコラーゲンを生成する遺伝子にスイッチを入れる働きを持ちます。ですから、この成分が分泌されなくなるとコラーゲンも作られなくなります。年齢を重ねていく事でシワが増えてしまうのはDHEAが減る事も一つの要因であると考えられています。

また、皮脂は過剰に分泌されると顔がてかったりニキビの原因になります。ですが、肌を保護するための天然のクリームとしての効果もあるので、健康的なすべすべな肌には欠かせないのです。皮脂の分泌はテストステロンが大きく関わります。DHEAはこの男性ホルモンの元になる事から、DHEAが減少するという事は、皮脂も減ってしまい肌が乾燥します。

DHEAが少なくなる理由

まずは、糖の摂り過ぎです。糖を摂取すれば血糖値が上昇しますから、インスリンが分泌されるようになります。でも、インスリンが出されるとDHEAの分泌が減ってしまいます。それからストレスを受けた時にもDHEAは減少すると言われています。

ストレスを受けるとストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールを分泌します。このコルチゾールの元になっているのがプレグネノロンと言われるホルモンです。このホルモンはDHEAの原料です。ストレスを受ける事によりコルチゾールの分泌量が多くなると、DHEAのために使えるプレグネロンが減っていきます。そのためストレスを抱えると老化の進行が早まるのです。DHEAはアンチエイジングに有効な成分です。サプリメントなどでも摂取できるので検討してみましょう。