ヨーグルトで腸をきれいにして乾燥やシワなどの肌老化を防ぐ

いくら化粧品を使ってもすぐに乾燥してしまう、シワが消えない、シミが薄くならないといった経験がありませんか。

アンチエイジングをするために化粧品でケアすることは大切ですが、体の内側から整えることも重要です。

肌の生まれ変わりには栄養素が必要です。その栄養素を吸収しているのが腸です。便秘になると肌荒れがひどくなった経験がありませんか。肌は腸の状態を表すといわれていて、腸が汚れていれば肌トラブルが増え、腸をきれいにすることで乾燥やシワなどの肌老化を防ぐことができます。

腸をきれいにする食べものといってまず思い浮かべるのはヨーグルトだと思います。ヨーグルトは乳酸菌で発酵させた食べもので、腸内環境をよくする乳酸菌が豊富に含まれています。腸が汚れていると有害物質が発生し、血液に取り込まれて全身を巡り、肌細胞にダメージを与えます。乳酸菌を摂取して腸がキレイになれば、有害物質が減って肌へのダメージも軽減します。

ヨーグルトのアンチエイジング作用はそれだけではありません。ヨーグルトにはタンパク質やカルシウムも豊富に含まれています。

細胞は主にタンパク質からできており、タンパク質をしっかり摂ることで肌の生まれ変わりがスムーズに行われます。ダイエットをしてタンパク質不足になっている女性が少なくありませんが、タンパク質が不足すると肌細胞の原料不足でターンオーバーが乱れ、古い角質が蓄積して肌老化につながります。

ヨーグルトは低カロリーなタンパク質源です。ギリシャヨーグルトのようなタンパク質濃縮タイプがおすすめです。

更年期を迎えると女性ホルモンの原料で骨がもろくなりやすく、骨粗しょう症が心配されます。カルシウムをしっかり摂って適度な運動をしていれば、骨粗しょう症の予防になります。猫背だと老けて見えますよね。骨粗しょう症で背中が曲がることがあるので、骨粗しょう症を予防することで若々しい見た目を維持できます。

整腸作用を期待するなら1日100g以上が目安です。食べ物から摂った乳酸菌は定住しないので毎日食べ続けましょう。