缶ジュースを一本だけ我慢すれば事足りるシワ対策

若々しい顔であると言い切れる基準の最たるものは、シワが少ないことです。

たった一本だけのシワでも、存在しているのであれば途端に老けている印象を周囲に与えてしまいます。シミや脂肪の除去に勤しむことも大切ですが、まずはシワの対策に取り組んだほうが賢明というわけです。

とは言え、高い料金のサロンに通ったり女優も愛用している製品を試すなどといったことは難しいと言わざるを得ません。通ったり使い続けるためには根気が必要ですし、それなりに費用もかかります。

なるべく支出を増やさない方法なら心理的な負担が少ないので、続けやすいと考えられます。そこで、日常生活で可能な二つの取り組みを実践してみると効果的です。そのうちの一方は少々の費用がかかることもありますが、缶ジュースを一本だけ我慢すれば事足りるほどの出費なので誰でも可能だと思います。

一つ目の取り組みは、髪の毛の状態を見るために目線を上に行かせ過ぎないことです。上を見ていれば、無意識的に額の皮膚が動きます。鏡を見れば一目瞭然なのですが、この状態では額にシワができているのです。同じことを何度も繰り返していれば、遅かれ早かれシワが定着して若々しくない顔が出来上がっている可能性があります。年齢を重ねてくれば白髪が気になるとは思いますが、二枚の鏡を使って可能な限り目線を上に行かせないように細心の注意を払うべきです。

もう一つの取り組みは、近くにある物や字が見えにくいときは恥ずかしがらずに老眼鏡をかけることです。加齢とともに視力に変化が生じることを理解していても、気持ちが若い人は老眼鏡を好まない傾向があります。

もしも無理に目を細めるなどの工夫によって物や字を見続けていれば、額にシワができやすい顔を継続して作り出していることと同義です。知らない間に老けた顔の印象に変化してしまいますから、少しでも見えにくいと感じる場面では積極的に老眼鏡をかけて額の皮膚をむやみに動かさないようにすると良いです。