きのこの魅力は食物繊維が多いだけではない

5大栄養素といえば、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルですが、最近では6番目の栄養素として考えられている栄養素があります。

それが食物繊維です。かつて食物繊維は栄養とは捉えられておらず、積極的に摂る風潮でもありませんでしたが、最近は便秘解消やデトックス効果のように食物繊維のもつ効果への注目が高まっています。

食物繊維といえばゴボウや繊維質の多い野菜がまず思い浮かぶと思いますが、もっと手軽に摂れる食材があります。それはきのこです。

きのこはハウス栽培の食物なので、年中比較的安価な値段で手に入れることができます。また味に癖もないことからどんな料理にも合わせやすいのが特徴です。味噌汁に入れたり、オイル炒めにしてパスタと和えたり、あんかけに入れたりと和洋中問わずに活躍してくれる食材でもあります。

また、食物繊維だけではなくその他の栄養素が多いのもきのこの魅力です。

例えばしめじにはビタミンDが多く含まれ、カルシウムの吸収率を高める働きをします。クリームシチューに入れたりクリーム系のスープに少ししめじをプラスするだけで骨や歯の形成に欠かせないカルシウムをしっかりと摂取することができるのです。また、アンチエイジングに欠かせない活性酸素の除去、動脈硬化予防、口内炎や目の疲れを予防する効果のあるビタミンB群も多く含んでいます。低カロリーなので大量に摂取できるのも嬉しいポイントです。

以上のように安価で低カロリー、かつ数々の栄養素を備えた万能選手のきのこですが、保存方法によってその効果をさらに高めることができることも確認されています。

それは冷凍保存することです。

しめじやえのきなどがまとめ売りしていることがよくあるかと思いますが、きのこは冷凍保存がきくので、まとめて買ってきたものを石づきだけ取ってバラバラにほぐした状態で袋タイプのジップロックなどに入れて冷凍保存しておくだけで栄養価がUPするのです。

そのメカニズムは冷凍することできのこ細胞が破壊されて、うまみ成分が凝縮するのです。冷凍きのこを再度加熱しても一度壊れた細胞は戻らないので効果は持続します。

冷凍きのこをストックしておくだけで何か一品作る時にも重宝するのでぜひ試してみてください。

コラーゲンは本当にお肌に良い影響を与えるのだろうか

コラーゲンと聞けば最近ではコラーゲン鍋など美肌に効くと話題であり知っている方もかなり多いようなそんなメジャーな成分でもあります。

ですがコラーゲンは注射で打たないと美肌効果はないなどのたくさんの情報があるために一体どれが正しいのかわからないのも現実です。ここでコラーゲンは本当にお肌に良い影響を与えるのだろうかといった疑問を解決して行こうと思います。

そもそもコラーゲンとはタンパク質の一種であります。消化や吸収の段階でアミノ酸やペプチドになってしまうのてはないかといったところからコラーゲンはお肌には効かないんじゃないかといった意見も科学者たちの間でもぎろんになっておりましたが最近またコラーゲンはお肌に効くといった情報が浮上しているというわけです。

ここてコラーゲンペプチドといった肉や魚などの骨や皮に含まれているコラーゲンを加熱させて、酵素分解によって細かくされたもののことを言います。現在ドリンクなどに含まれているのはこちらのコラーゲンペプチドといった成分になります。

そんなコラーゲンペプチドは美肌への効果はもちろんですが傷の回復や炎症を和らげる効果や、骨の健康などの効果も期待されているためにとても万能な成分でもあると言えるでしょう。

コラーゲンペプチドの一日当たりの摂取量の目安としては骨や関節には10g、お肌には5gとなっております。ですがコラーゲンペプチドを食事から摂取することは難しいのが現実です。そこで、サプリメントで摂取されることをオススメします。

またコラーゲンペプチドを摂取しても1日しか弾力を保つことができないために毎日定期的に続けていくことが一番美肌効果を得るためには必要なことになってくるというわけです。

またコラーゲンドリンクといった形でも最近では多くのメーカーが発売されているために一度は試してみてはいかがでしょうか。コラーゲンペプチドでツルツル美肌を手に入れちゃいましょう。

ビタミンC誘導体で美肌、美白、アンチエイジング効果を実感

肌の老化を防いで、いつまでも若く美しい肌を保ちたいのは誰もの願いです。

アンチエイジングや美肌のために、いろいろな美容成分が話題になっています。コラーゲン、ヒアルロン酸、各種のビタミン等々数え上げればキリがありません。化商品以外にも、食品やサプリメントとして摂取するものなど、いろいろ種類があります。その中でも、化粧水やクリームなどに配合して美容効果が高いと注目されているのが、ビタミンC誘導体と言われる成分です。

私たちの体は日々のストレスや、紫外線、有害な食品、飲酒や喫煙などが原因で、過剰な活性酸素を発生させています。活性酸素は細菌から体を守るために必要なものですが、増えすぎると、皮膚の細胞にダメージを与えてしまうというマイナスがあります。活性酸素の酸化作用によって、シミやしわなど、さまざまな皮膚のトラブルの原因になるからです。

ビタミンCは、このような活性酸素から体を守る抗酸化作用があります。皮膚を守って肌をきれいにする美肌、美白、アンチエイジング効果の高いものです。

ところが、ビタミンCは成分が不安定で壊れやすいため、そのままでは効果がでないという欠点があります。ビタミンC誘導体はそういうビタミンCを加工して、誘導体化させたものです。皮膚への吸収力を高め、皮膚の中で酵素反応によりビタミンCに変化させることができます。

ビタミンC誘導体は、紫外線によるメラニン色素の生成を抑制し、できてしまったメラニン色素を取り除いて、シミやそばかすを予防したり薄くしたりする美白効果もあります。また、皮脂の分泌をコントロールしてニキビの予防、治療や、コラーゲンの生成を促してしわやたるみなどをできにくくしたりする効果や、新陳代謝を促す効果があります。

ビタミンC誘導体には、水溶性、油溶性などの種類があり、水溶性のものは皮膚に浸透しやすく、化粧水や美容液に配合されています。油溶性のものはクリームなどに配合され、ゆっくり浸透するため効果が穏やかで、肌には優しいという利点があります。両方の性質を持つものもあり、体質や皮膚の状況に合わせて選択します。