便秘は美しい姿勢を保つだけで改善することが多い

便秘は老若男女共通しての悩みだと思います。

便秘になるとウエスト部分が苦しく、食欲や活動の意欲も低下してしまいます。

『私は便秘解消のために食べ物だって気をつけているのにどうして!?』と思っている方もおられると思います。実は、便秘は美しい姿勢を保つだけで改善することが多いのです。今回はその理由をここに記載していきたいと思います。

姿勢が悪くなると便秘になる理由

まず、どうして姿勢が悪くなると便秘になるのでしょうか。
胃や肝臓、膵臓、小腸、大腸等の消化器は肋骨から下にあり、簡単に言えば血管や肉、膜や筋に支えられながら骨盤の上に乗っています。骨盤は背骨とつながっています。そして大腸は胃や肝臓などの下にあり、長いホース状の器官です。
長時間前屈姿勢や猫背の状態が続くと、体はその悪い姿勢を覚えてしまいます。悪い姿勢は背筋を前に傾かせ、骨盤を後ろの方に傾けることになってしまいます。結果、ウエスト回りが前方に傾いて折れているような形になってしまい。内臓を圧迫します。圧迫された内臓は下の方に逃げます。つまり内臓が下がって内臓下垂となってしまうのです。さらに大腸は胃や肝臓の重みがかかっているため、四方八方から圧迫されることになってしまいます。ホースを圧迫すれば、中の流れは悪くなります。つまり、大腸の中の排便の流れが悪くなり、結果便秘になってしまうのです。
また、悪い姿勢はリンパや血液の流れを滞らせ、体液循環を悪くし、体に負担をかけます。体液循環が悪くなると、疲労しやすくなり、むくみや冷え症などを引き起こしてしまい、ストレスの増大につながります。ストレスは便秘の大敵である上、大腸にも血液は通っていますので大腸の働きも鈍くなってしまいます。
さらに悪い姿勢は、筋力の低下をもたらします。排便をする際、踏ん張ることに重要な腹筋の低下が考えられます。腹筋が低下すると、排便をもししたくなっても踏ん張る力が足りずに出てこなかったり、出たとしてもすべて出しきれずに大腸の中に排便が残ってしまったりすることにつながります。
これらのことから、美しい姿勢を保つこと、特に背筋を伸ばして日常生活を送るということは便秘の改善につながるといえます。

おわりに
便秘薬を飲む前に、ヨーグルトや食物繊維を摂取する前に自分の姿勢について見直してください。
そして、仕事場でトイレに行った時に鏡をみること、街中でもショーウインドウにうつる自分の歩く姿をみること、他人の姿勢と自分の姿勢を比べること、これらを意識して日常生活上で背筋を伸ばすことに気をつけてください。美しい姿勢をいつもとることができるようにしてください。
きっと以前より排便状況は好転するはずです。

美肌作りを支えるコンビニグルメの選び方

肌に良いバランスよく摂取するには、自炊をするのが理想と言われていますが、忙しい生活を送っていると、なかなか自炊が難しいこともあります。そんな時は、24時間営業のコンビニグルメを上手に活用すると良いでしょう。

コンビニでは、時代のニーズに応じた新商品の開発に力を入れていて、健康志向や美容への関心が高まるなかで、肌質改善に役立つ商品も充実しています。主食におすすめなのが、低糖質のパンです。

精製した白い小麦粉と比べて、ビタミンやミネラルが豊富なブランを使ったパンは、主食から肌質アップに役立つ成分をしっかり摂取できるのが魅力です。良質なたんぱく質を補いたい時に便利なのが、サラダチキンです。既に味付けがしてあるので、そのままおかずとして食べることもできますし、パンに挟んでサンドイッチを作ったり、スープの具材にしたり、と色んなアレンジで楽しめます。

また、安定した価格で購入できる豆腐や納豆から、植物性たんぱく質を摂取するのもおすすめです。豆製品に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンに近い働きを持つ成分で、肌の潤いをアップさせるのに大いに役立ちます。

ビタミン補給に活用したいのが、サラダやスープです。

コンビニで販売している商品には、野菜の種類が豊富に使われているものが多く、少人数の家庭ではなかなか買い揃えられない種類の野菜を摂取できるのは大きな魅力となっています。

野菜だけでなく、豆類や海藻類もプラスされている商品を選ぶと、さらに栄養バランスが良くなります。また、ビタミンを摂取する際には、パイナップルや林檎などのカットフルーツにも目を向けてみましょう。

美肌成分として知られるビタミンCは、水溶性のビタミンで、摂取後数時間経つと、体外に排出されてしまう性質を帯びています。間食にカットフルーツを取り入れて、こまめにビタミンCを補給する習慣を付けると、美肌作りに欠かせない成分を上手に摂取できるようになります。

コンビニで販売している商品の特性を知り、肌質改善に役立てて下さい。

肌断食で段階的に肌質を変えることでニキビも消える

女性なら誰しも、綺麗な肌に憧れます。

毛穴、ニキビ、ニキビ跡。朝鏡を見てスッピン肌の調子が良かったらお化粧も外出も楽しいですよね。しかし、いくら食事に気をつけても、ゴールデンタイムにしっかり寝ても、ホルモンバランスや体調が乱れた時はやはり肌からのサインが出てしまいます。

当方、10代後半からひどいニキビに悩まされ、時間が経つごとにその悩みはニキビ跡、毛穴の開きに変化。20代後半になった今、よく見ると薄いシミのようなものまで現れだしました。もちろん、肌に良いとされるものは何から何まで試した自信があります。

病院に通い、エステにも通い、お互い美容液にも手を出しました。が、それらのどのお手入れよりも、信じられない簡単ケアに、それまでの常識を覆されることに。

2年ほど前、若さ特有のニキビの多さが落ち着き、悩みのタネはニキビ跡や乾燥といった大人の肌へと変化してきました。スッピンは誰にも見せられない!と、いつでもフルメイクで外出していましたが、ある日その呪縛から解かれることに。

そのきっかけとはズバリ「お手入れの簡素化」。かつては自分の肌があまりにもコンプレックスだったため、とにかく暇さえあれば鏡で粗を探し、少しでも見栄えが良くなるよう手を施す日々。小鼻にみつけた小さな毛穴詰まりを拡大鏡で見つけては、毛抜きで抜いたりもしていました。

今思えば、これがどれほどナンセンスだったか。いくら手をかけても劇的に変わる兆しのない肌に嫌気がさし、「もうこれでいいや!」とそろえ始めたのが無印良品の基礎化粧品でした。そして結果的これが大正解。

何層にも重ねていた基礎化粧品を全て辞め、一週間ほどの肌断食。その後、毎日のルーティンを至極シンプルなものにしてみました。ブースターとして無印良品のホホバオイル。その上から化粧水、乳液。以上。それまでは高いものを顔に塗りたくり、その上から高い化粧品で粗を隠し、空き時間にはまたお化粧を重ね…。

これらの全てがお肌をボロボロにし、「贅沢汚肌」を作っていたことを実感。肌断食で段階的に肌質を変えたあと、一度リセットしてみてはいかがでしょうか。笑えるほど大きな効果を、安く手に入れられるかもしれません。

私が便秘になった時、どう対応して改善へもっていくか

1、自分が便秘気味になった原因について。

自分は現役で勤務中は便秘を意識していませんでしたが、定年後約2年間、家で念願のある作品作りに精を出した頃に、便が不規則でした。
その後田舎を親類に任せていたのが、親類の体調変化があり自分が診る必要でて週の内4日程度田舎で過すようにしました。

田舎では差ほど多くはないが、柿、栗、桃、八朔の果物があり結構忙しく手入れ収穫し、近所親類、友人知り合いに送りました。

この生活してる頃はほぼ便秘を意識しませんでした、が数年後田舎を親類に渡した事により又自分が自宅で過す事となりますと、
また便秘気味になってきまして、毎日通便がなくなり、それがだんだんひどくなる傾向で、3日目毎という事もありました。

これでは体に悪い、そこで振り返ると田舎では体を動かし、又果物をも食べていたのが良くなったからだ、やはり自宅と田舎の
生活に、それなりの差があり便秘なったのかと判明した次第でした。それで種々気を付けて情報等を集めますと、まず運動不足、
次いで野菜果物不足、水分不足、またあまり小食過ぎてもいけない等との事でした。

2、そこで便秘の解消として以下の事を守り、現代に至っております。

先ず食事では野菜を意識的に食べる、事実毎回キャベツを一握り自分で刻みレンジで30秒チンをする、その上にオリーブ油を
ほんの少しかけて、湯がいた人参を少し乗せてからソースをかけて食べる、これは家内に頼まず常に自分で作ります。

食後の果物は、バナナ、かリンゴをすこし、それに水を意識的に飲むようにし、後、食べる量は通常量としています。
これはある病で10日ほど入院した時、食事量が少なくて便秘気味となったためです。

それから運動する事ですが、田舎では必要に迫られてそれなりに体を動かしていたが、自宅ではそうはいかにので、
無理に動かす必要あります。

先ず散歩です、毎日ではないがほぼ隔日、時間にして50分程度をある程度早足で歩きます。

気候のいい春、秋は歩く日にちが多くなりますが、夏と冬期は少し回数が減りますが、基準は隔日を意識しています。

他、毎日している事は室内体操です、これは毎日20~25分程度、主に全体運動の他過去「NHKの試して合点」より放映された内容に自分流を加えた、肩、腰、太もも、膝、に両手を互いに反対回し、等を組み合わせております。

単なる運動というより、各部分を鍛えて痛みの発生予防をも、と勝手に思って実施しています。

アンチエイジングと深い関りがあるDHEA

DHEAは足りていますか?この成分はアンチエイジングと深い関りがあります。

ここでは老化を抑制できるDHEAについて知りましょう

DHEAが少なくなるとどうなるのか?

人間は年を取ると顔がかさついて、シワも出てきます。このような美容上の問題も実は老化と共に少なくなるDHEAと関りがあるのです。このDHEAは副腎皮質から分泌されるホルモンの事です。・DHEAの効果 見た目に若々しい肌をキープするために必要な事はコラーゲンの量、そして皮脂の分泌、共に十分でないといけません。ですが、DHEAが少なくなるとその両方とも減少する事は知られています。

DHEAはコラーゲンを生成する遺伝子にスイッチを入れる働きを持ちます。ですから、この成分が分泌されなくなるとコラーゲンも作られなくなります。年齢を重ねていく事でシワが増えてしまうのはDHEAが減る事も一つの要因であると考えられています。

また、皮脂は過剰に分泌されると顔がてかったりニキビの原因になります。ですが、肌を保護するための天然のクリームとしての効果もあるので、健康的なすべすべな肌には欠かせないのです。皮脂の分泌はテストステロンが大きく関わります。DHEAはこの男性ホルモンの元になる事から、DHEAが減少するという事は、皮脂も減ってしまい肌が乾燥します。

DHEAが少なくなる理由

まずは、糖の摂り過ぎです。糖を摂取すれば血糖値が上昇しますから、インスリンが分泌されるようになります。でも、インスリンが出されるとDHEAの分泌が減ってしまいます。それからストレスを受けた時にもDHEAは減少すると言われています。

ストレスを受けるとストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールを分泌します。このコルチゾールの元になっているのがプレグネノロンと言われるホルモンです。このホルモンはDHEAの原料です。ストレスを受ける事によりコルチゾールの分泌量が多くなると、DHEAのために使えるプレグネロンが減っていきます。そのためストレスを抱えると老化の進行が早まるのです。DHEAはアンチエイジングに有効な成分です。サプリメントなどでも摂取できるので検討してみましょう。

大人アトピー肌になってしまったときの対処方法

子供の時にアトピーを患っているという方は少なくありませんが、そのアトピー、大人になってから発症するということもあります。
そこで、ここでは大人アトピー肌になってしまったときの対処方法についてご紹介しましょう。

セラミド入りの基礎化粧品とメイクを使用する

「セラミド入り」という言葉をよく聞くかと思いますが、なぜ、セラミドがここまで注目されるのかというと、セラミドには、バリア機能を再生する機能があるからです。

乾燥肌、そして大人アトピー肌というのは、バリア機能が崩壊してしまっている人が多く、これを戻してあげることが必要です。

そのため、基礎化粧品でセラミド入りの物を選ぶことはもちろんのこと、メイクでも、最近ではセラミド入りのものが増えてきてますから、そういったものを利用するようにしましょう。

そうすることで、肌に保湿成分がとどまるので、乾燥を防ぐことができますから、しわなど、お肌の老化を防ぐことができます。

ビタミンを肌に取り入れよう

レモン、ルイボスティーやローズヒップティーなどのビタミン成分が十分に入っている食材を積極的に取り入れることで、抗酸化作用が働き、肌を若々しく保つことができる上に、保湿もできるので、大人アトピー肌をベターにすることができます。

もちろんこれらが含まれているクリームなどを肌の外側からから塗りこんであげるのも、ダブルの働きになるので、忘れずやってあげましょう。

抗生物質を処方してもらう

大人アトピー肌が悪化してしまうことももちろんあります。

そんな時は、あまり日に当たらないようにするとか、直接的な肌への刺激を避けることが必要ですが、それ以外にも、皮膚科に行って、抗生物質などを処方してもありましょう。

こういった薬を飲むことによって、肌のトラブルをかなり回避することができますし、かゆみなども抑えることができるので、最終的な手段としていくつかの皮膚科に行って、自分に合った皮膚科を使うようにすると良いでしょう。

きのこの魅力は食物繊維が多いだけではない

5大栄養素といえば、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルですが、最近では6番目の栄養素として考えられている栄養素があります。

それが食物繊維です。かつて食物繊維は栄養とは捉えられておらず、積極的に摂る風潮でもありませんでしたが、最近は便秘解消やデトックス効果のように食物繊維のもつ効果への注目が高まっています。

食物繊維といえばゴボウや繊維質の多い野菜がまず思い浮かぶと思いますが、もっと手軽に摂れる食材があります。それはきのこです。

きのこはハウス栽培の食物なので、年中比較的安価な値段で手に入れることができます。また味に癖もないことからどんな料理にも合わせやすいのが特徴です。味噌汁に入れたり、オイル炒めにしてパスタと和えたり、あんかけに入れたりと和洋中問わずに活躍してくれる食材でもあります。

また、食物繊維だけではなくその他の栄養素が多いのもきのこの魅力です。

例えばしめじにはビタミンDが多く含まれ、カルシウムの吸収率を高める働きをします。クリームシチューに入れたりクリーム系のスープに少ししめじをプラスするだけで骨や歯の形成に欠かせないカルシウムをしっかりと摂取することができるのです。また、アンチエイジングに欠かせない活性酸素の除去、動脈硬化予防、口内炎や目の疲れを予防する効果のあるビタミンB群も多く含んでいます。低カロリーなので大量に摂取できるのも嬉しいポイントです。

以上のように安価で低カロリー、かつ数々の栄養素を備えた万能選手のきのこですが、保存方法によってその効果をさらに高めることができることも確認されています。

それは冷凍保存することです。

しめじやえのきなどがまとめ売りしていることがよくあるかと思いますが、きのこは冷凍保存がきくので、まとめて買ってきたものを石づきだけ取ってバラバラにほぐした状態で袋タイプのジップロックなどに入れて冷凍保存しておくだけで栄養価がUPするのです。

そのメカニズムは冷凍することできのこ細胞が破壊されて、うまみ成分が凝縮するのです。冷凍きのこを再度加熱しても一度壊れた細胞は戻らないので効果は持続します。

冷凍きのこをストックしておくだけで何か一品作る時にも重宝するのでぜひ試してみてください。

普段の食生活を変えて体重を落とす方法、最適の食品とは?

ダイエットをするにあたって、普段の食生活を変えて体重を落とす方法があります。

ダイエットの食事法と言えば、リンゴダイエットやキャベツダイエットなど、一つの食材だけを食べ続けて痩せる方法がありますが、大事なことは栄養を偏らせずにバランス良く食べることが必要となります。

バランスの良い食事を摂ることによって効率よい代謝と老廃物の排出を促進し、うまく痩せることが出来ます。痩せるためにおすすめの食材としては、まず玄米が挙げられます。玄米は食物繊維とミネラルを多く含み、便秘解消などの効果が期待できます。普段食べている白米を玄米にすることによってダイエット効果がより高まると思います。

鶏のささみは油が少なく、筋肉の栄養ともなるため、運動でダイエットする方にはおすすめの食材となります。お肉を食べたい時には、鶏のささみで代用することも出来ます。

ダイエットと言えば野菜ですが、ビタミン類が多く含まれる物が多く、食欲のコントロールを正常化してくれます。代謝を活発にしてくれる働きもあります。
野菜に続いて果物も、美容やダイエットに良い栄養素が豊富ですが、果物は食べ過ぎてしまうと果糖が脂肪になってしまうため、ダイエット中には果物の摂取量に気を付けたほうが良いと思います。

豆腐や納豆などの大豆製品ですが、カロリーが低くダイエットを行うにあたって最適の食品と言えます。

ダイエット中は甘い物を欲してしまいますが、どうしても食べたい場合にははちみつや低糖質のスイーツで我慢することが大事です。最近では糖質が10g以下に抑えられているスイーツやお菓子がコンビニでも購入できるため、そちらがおすすめとなります。

ダイエット中に控えるべき食べものでラーメンやパスタなどの小麦を使った料理が挙げられます。小麦には一種の中毒性があり、食べると止まらなくなってしまうのもそのためだと言われています。海外では小麦を一切食さない小麦フリーが主流になっていますが、ダイエットでも小麦フリーがおすすめだと言われています。小麦フリーダイエットを行うことによって身体の内から健康になることが出来ます。小麦を一切食さないのは難しいかと思うので、初めの内はパンをおにぎりにするなど簡単なことから始めるのが良いとされています。

ダイエットに効果があるものとして、ヘルシーな和食が世界でも注目を浴びています。煮物や焼き魚は油分が少ないため多少多く食べても太りづらいため、ダイエットを始めようとしている方は日本食を中心に食生活を送るように心掛けたほうが良いと思います。

コラーゲンは本当にお肌に良い影響を与えるのだろうか

コラーゲンと聞けば最近ではコラーゲン鍋など美肌に効くと話題であり知っている方もかなり多いようなそんなメジャーな成分でもあります。

ですがコラーゲンは注射で打たないと美肌効果はないなどのたくさんの情報があるために一体どれが正しいのかわからないのも現実です。ここでコラーゲンは本当にお肌に良い影響を与えるのだろうかといった疑問を解決して行こうと思います。

そもそもコラーゲンとはタンパク質の一種であります。消化や吸収の段階でアミノ酸やペプチドになってしまうのてはないかといったところからコラーゲンはお肌には効かないんじゃないかといった意見も科学者たちの間でもぎろんになっておりましたが最近またコラーゲンはお肌に効くといった情報が浮上しているというわけです。

ここてコラーゲンペプチドといった肉や魚などの骨や皮に含まれているコラーゲンを加熱させて、酵素分解によって細かくされたもののことを言います。現在ドリンクなどに含まれているのはこちらのコラーゲンペプチドといった成分になります。

そんなコラーゲンペプチドは美肌への効果はもちろんですが傷の回復や炎症を和らげる効果や、骨の健康などの効果も期待されているためにとても万能な成分でもあると言えるでしょう。

コラーゲンペプチドの一日当たりの摂取量の目安としては骨や関節には10g、お肌には5gとなっております。ですがコラーゲンペプチドを食事から摂取することは難しいのが現実です。そこで、サプリメントで摂取されることをオススメします。

またコラーゲンペプチドを摂取しても1日しか弾力を保つことができないために毎日定期的に続けていくことが一番美肌効果を得るためには必要なことになってくるというわけです。

またコラーゲンドリンクといった形でも最近では多くのメーカーが発売されているために一度は試してみてはいかがでしょうか。コラーゲンペプチドでツルツル美肌を手に入れちゃいましょう。

背中を鍛えると顔の筋肉のリフトアップにも繋がる

わたしは少しでも若く見られたくて、スキンケアやダイエットには若い時から力を入れてきました。
おかげで肌はシワなどはなく、褒められることが多いです。

しかし、最近ほうれい線あたりにシワまではいかなくてもすこし影っぽくなっているのが気になっていました。

そこで、スキンケアにほうれい線対策としてクリームを加えたりしたのですが、即効性はなくなかなか改善にはいたらずにいました。
そんな時、顔の筋肉と背中の筋肉は繋がっていて、背中を鍛えると顔の筋肉のリフトアップにも繋がるという話を聞きました。

マッチョな人がみんな若く見えるわけでもないので、半信半疑でしたが、ちょうどその時ジムにも通っていたので、ついでに背中の筋トレも開始してみました。

すると、特に自分では変化は感じなかったのですが、筋トレを開始して2~3週間経った頃くらいから、肌つやが良くなったとかいいことあった?とか言われることが増えました。

気のせいなのかもしれませんが、よく見ると確かにほうれい線の影が薄くなっている気がしなくもありません。

まだ開始したばかりだし、筋トレの効果だとは言い切れないのですが、調べたところ顔と背中の筋肉が繋がっているのは事実のようです。
そして、よく考えてみると、猫背で姿勢が悪い人より、背筋が伸びて姿勢がいい人の方が若く見える人って多いですよね。
背筋を伸ばしていると、その分背中の筋肉に緊張感があるので、自然と筋肉が鍛えられているのではないかと思いました。
背中の筋トレはダンベルでも出来ますし、背筋を伸ばして姿勢よくしておくことは日ごろの心がけ次第で簡単に出来ます。

高い化粧品も器具も必要ないので、試してみる価値はあるのではないかと思い、現在筋トレと姿勢を良くしておくことをするようになり2ヶ月ほど経ちました。

確かにほうれい線も薄くはなりましたが、あごのラインがすっきりしたことと、頬がこけていたのが少しふっくらした気がします。

頬がこけていたのは恐らく痩せているのではなく頬の肉がたるんで頬骨が出て見えていたのだと思いますが、そのようなところが少し改善されました。
筋トレも良い姿勢を保つことも、慣れると苦ではないので、これからも続けようと思っています。