きのこの魅力は食物繊維が多いだけではない

5大栄養素といえば、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルですが、最近では6番目の栄養素として考えられている栄養素があります。

それが食物繊維です。かつて食物繊維は栄養とは捉えられておらず、積極的に摂る風潮でもありませんでしたが、最近は便秘解消やデトックス効果のように食物繊維のもつ効果への注目が高まっています。

食物繊維といえばゴボウや繊維質の多い野菜がまず思い浮かぶと思いますが、もっと手軽に摂れる食材があります。それはきのこです。

きのこはハウス栽培の食物なので、年中比較的安価な値段で手に入れることができます。また味に癖もないことからどんな料理にも合わせやすいのが特徴です。味噌汁に入れたり、オイル炒めにしてパスタと和えたり、あんかけに入れたりと和洋中問わずに活躍してくれる食材でもあります。

また、食物繊維だけではなくその他の栄養素が多いのもきのこの魅力です。

例えばしめじにはビタミンDが多く含まれ、カルシウムの吸収率を高める働きをします。クリームシチューに入れたりクリーム系のスープに少ししめじをプラスするだけで骨や歯の形成に欠かせないカルシウムをしっかりと摂取することができるのです。また、アンチエイジングに欠かせない活性酸素の除去、動脈硬化予防、口内炎や目の疲れを予防する効果のあるビタミンB群も多く含んでいます。低カロリーなので大量に摂取できるのも嬉しいポイントです。

以上のように安価で低カロリー、かつ数々の栄養素を備えた万能選手のきのこですが、保存方法によってその効果をさらに高めることができることも確認されています。

それは冷凍保存することです。

しめじやえのきなどがまとめ売りしていることがよくあるかと思いますが、きのこは冷凍保存がきくので、まとめて買ってきたものを石づきだけ取ってバラバラにほぐした状態で袋タイプのジップロックなどに入れて冷凍保存しておくだけで栄養価がUPするのです。

そのメカニズムは冷凍することできのこ細胞が破壊されて、うまみ成分が凝縮するのです。冷凍きのこを再度加熱しても一度壊れた細胞は戻らないので効果は持続します。

冷凍きのこをストックしておくだけで何か一品作る時にも重宝するのでぜひ試してみてください。

普段の食生活を変えて体重を落とす方法、最適の食品とは?

ダイエットをするにあたって、普段の食生活を変えて体重を落とす方法があります。

ダイエットの食事法と言えば、リンゴダイエットやキャベツダイエットなど、一つの食材だけを食べ続けて痩せる方法がありますが、大事なことは栄養を偏らせずにバランス良く食べることが必要となります。

バランスの良い食事を摂ることによって効率よい代謝と老廃物の排出を促進し、うまく痩せることが出来ます。痩せるためにおすすめの食材としては、まず玄米が挙げられます。玄米は食物繊維とミネラルを多く含み、便秘解消などの効果が期待できます。普段食べている白米を玄米にすることによってダイエット効果がより高まると思います。

鶏のささみは油が少なく、筋肉の栄養ともなるため、運動でダイエットする方にはおすすめの食材となります。お肉を食べたい時には、鶏のささみで代用することも出来ます。

ダイエットと言えば野菜ですが、ビタミン類が多く含まれる物が多く、食欲のコントロールを正常化してくれます。代謝を活発にしてくれる働きもあります。
野菜に続いて果物も、美容やダイエットに良い栄養素が豊富ですが、果物は食べ過ぎてしまうと果糖が脂肪になってしまうため、ダイエット中には果物の摂取量に気を付けたほうが良いと思います。

豆腐や納豆などの大豆製品ですが、カロリーが低くダイエットを行うにあたって最適の食品と言えます。

ダイエット中は甘い物を欲してしまいますが、どうしても食べたい場合にははちみつや低糖質のスイーツで我慢することが大事です。最近では糖質が10g以下に抑えられているスイーツやお菓子がコンビニでも購入できるため、そちらがおすすめとなります。

ダイエット中に控えるべき食べものでラーメンやパスタなどの小麦を使った料理が挙げられます。小麦には一種の中毒性があり、食べると止まらなくなってしまうのもそのためだと言われています。海外では小麦を一切食さない小麦フリーが主流になっていますが、ダイエットでも小麦フリーがおすすめだと言われています。小麦フリーダイエットを行うことによって身体の内から健康になることが出来ます。小麦を一切食さないのは難しいかと思うので、初めの内はパンをおにぎりにするなど簡単なことから始めるのが良いとされています。

ダイエットに効果があるものとして、ヘルシーな和食が世界でも注目を浴びています。煮物や焼き魚は油分が少ないため多少多く食べても太りづらいため、ダイエットを始めようとしている方は日本食を中心に食生活を送るように心掛けたほうが良いと思います。

コラーゲンは本当にお肌に良い影響を与えるのだろうか

コラーゲンと聞けば最近ではコラーゲン鍋など美肌に効くと話題であり知っている方もかなり多いようなそんなメジャーな成分でもあります。

ですがコラーゲンは注射で打たないと美肌効果はないなどのたくさんの情報があるために一体どれが正しいのかわからないのも現実です。ここでコラーゲンは本当にお肌に良い影響を与えるのだろうかといった疑問を解決して行こうと思います。

そもそもコラーゲンとはタンパク質の一種であります。消化や吸収の段階でアミノ酸やペプチドになってしまうのてはないかといったところからコラーゲンはお肌には効かないんじゃないかといった意見も科学者たちの間でもぎろんになっておりましたが最近またコラーゲンはお肌に効くといった情報が浮上しているというわけです。

ここてコラーゲンペプチドといった肉や魚などの骨や皮に含まれているコラーゲンを加熱させて、酵素分解によって細かくされたもののことを言います。現在ドリンクなどに含まれているのはこちらのコラーゲンペプチドといった成分になります。

そんなコラーゲンペプチドは美肌への効果はもちろんですが傷の回復や炎症を和らげる効果や、骨の健康などの効果も期待されているためにとても万能な成分でもあると言えるでしょう。

コラーゲンペプチドの一日当たりの摂取量の目安としては骨や関節には10g、お肌には5gとなっております。ですがコラーゲンペプチドを食事から摂取することは難しいのが現実です。そこで、サプリメントで摂取されることをオススメします。

またコラーゲンペプチドを摂取しても1日しか弾力を保つことができないために毎日定期的に続けていくことが一番美肌効果を得るためには必要なことになってくるというわけです。

またコラーゲンドリンクといった形でも最近では多くのメーカーが発売されているために一度は試してみてはいかがでしょうか。コラーゲンペプチドでツルツル美肌を手に入れちゃいましょう。

背中を鍛えると顔の筋肉のリフトアップにも繋がる

わたしは少しでも若く見られたくて、スキンケアやダイエットには若い時から力を入れてきました。
おかげで肌はシワなどはなく、褒められることが多いです。

しかし、最近ほうれい線あたりにシワまではいかなくてもすこし影っぽくなっているのが気になっていました。

そこで、スキンケアにほうれい線対策としてクリームを加えたりしたのですが、即効性はなくなかなか改善にはいたらずにいました。
そんな時、顔の筋肉と背中の筋肉は繋がっていて、背中を鍛えると顔の筋肉のリフトアップにも繋がるという話を聞きました。

マッチョな人がみんな若く見えるわけでもないので、半信半疑でしたが、ちょうどその時ジムにも通っていたので、ついでに背中の筋トレも開始してみました。

すると、特に自分では変化は感じなかったのですが、筋トレを開始して2~3週間経った頃くらいから、肌つやが良くなったとかいいことあった?とか言われることが増えました。

気のせいなのかもしれませんが、よく見ると確かにほうれい線の影が薄くなっている気がしなくもありません。

まだ開始したばかりだし、筋トレの効果だとは言い切れないのですが、調べたところ顔と背中の筋肉が繋がっているのは事実のようです。
そして、よく考えてみると、猫背で姿勢が悪い人より、背筋が伸びて姿勢がいい人の方が若く見える人って多いですよね。
背筋を伸ばしていると、その分背中の筋肉に緊張感があるので、自然と筋肉が鍛えられているのではないかと思いました。
背中の筋トレはダンベルでも出来ますし、背筋を伸ばして姿勢よくしておくことは日ごろの心がけ次第で簡単に出来ます。

高い化粧品も器具も必要ないので、試してみる価値はあるのではないかと思い、現在筋トレと姿勢を良くしておくことをするようになり2ヶ月ほど経ちました。

確かにほうれい線も薄くはなりましたが、あごのラインがすっきりしたことと、頬がこけていたのが少しふっくらした気がします。

頬がこけていたのは恐らく痩せているのではなく頬の肉がたるんで頬骨が出て見えていたのだと思いますが、そのようなところが少し改善されました。
筋トレも良い姿勢を保つことも、慣れると苦ではないので、これからも続けようと思っています。

ビタミンC誘導体で美肌、美白、アンチエイジング効果を実感

肌の老化を防いで、いつまでも若く美しい肌を保ちたいのは誰もの願いです。

アンチエイジングや美肌のために、いろいろな美容成分が話題になっています。コラーゲン、ヒアルロン酸、各種のビタミン等々数え上げればキリがありません。化商品以外にも、食品やサプリメントとして摂取するものなど、いろいろ種類があります。その中でも、化粧水やクリームなどに配合して美容効果が高いと注目されているのが、ビタミンC誘導体と言われる成分です。

私たちの体は日々のストレスや、紫外線、有害な食品、飲酒や喫煙などが原因で、過剰な活性酸素を発生させています。活性酸素は細菌から体を守るために必要なものですが、増えすぎると、皮膚の細胞にダメージを与えてしまうというマイナスがあります。活性酸素の酸化作用によって、シミやしわなど、さまざまな皮膚のトラブルの原因になるからです。

ビタミンCは、このような活性酸素から体を守る抗酸化作用があります。皮膚を守って肌をきれいにする美肌、美白、アンチエイジング効果の高いものです。

ところが、ビタミンCは成分が不安定で壊れやすいため、そのままでは効果がでないという欠点があります。ビタミンC誘導体はそういうビタミンCを加工して、誘導体化させたものです。皮膚への吸収力を高め、皮膚の中で酵素反応によりビタミンCに変化させることができます。

ビタミンC誘導体は、紫外線によるメラニン色素の生成を抑制し、できてしまったメラニン色素を取り除いて、シミやそばかすを予防したり薄くしたりする美白効果もあります。また、皮脂の分泌をコントロールしてニキビの予防、治療や、コラーゲンの生成を促してしわやたるみなどをできにくくしたりする効果や、新陳代謝を促す効果があります。

ビタミンC誘導体には、水溶性、油溶性などの種類があり、水溶性のものは皮膚に浸透しやすく、化粧水や美容液に配合されています。油溶性のものはクリームなどに配合され、ゆっくり浸透するため効果が穏やかで、肌には優しいという利点があります。両方の性質を持つものもあり、体質や皮膚の状況に合わせて選択します。

ヨーグルトで腸をきれいにして乾燥やシワなどの肌老化を防ぐ

いくら化粧品を使ってもすぐに乾燥してしまう、シワが消えない、シミが薄くならないといった経験がありませんか。

アンチエイジングをするために化粧品でケアすることは大切ですが、体の内側から整えることも重要です。

肌の生まれ変わりには栄養素が必要です。その栄養素を吸収しているのが腸です。便秘になると肌荒れがひどくなった経験がありませんか。肌は腸の状態を表すといわれていて、腸が汚れていれば肌トラブルが増え、腸をきれいにすることで乾燥やシワなどの肌老化を防ぐことができます。

腸をきれいにする食べものといってまず思い浮かべるのはヨーグルトだと思います。ヨーグルトは乳酸菌で発酵させた食べもので、腸内環境をよくする乳酸菌が豊富に含まれています。腸が汚れていると有害物質が発生し、血液に取り込まれて全身を巡り、肌細胞にダメージを与えます。乳酸菌を摂取して腸がキレイになれば、有害物質が減って肌へのダメージも軽減します。

ヨーグルトのアンチエイジング作用はそれだけではありません。ヨーグルトにはタンパク質やカルシウムも豊富に含まれています。

細胞は主にタンパク質からできており、タンパク質をしっかり摂ることで肌の生まれ変わりがスムーズに行われます。ダイエットをしてタンパク質不足になっている女性が少なくありませんが、タンパク質が不足すると肌細胞の原料不足でターンオーバーが乱れ、古い角質が蓄積して肌老化につながります。

ヨーグルトは低カロリーなタンパク質源です。ギリシャヨーグルトのようなタンパク質濃縮タイプがおすすめです。

更年期を迎えると女性ホルモンの原料で骨がもろくなりやすく、骨粗しょう症が心配されます。カルシウムをしっかり摂って適度な運動をしていれば、骨粗しょう症の予防になります。猫背だと老けて見えますよね。骨粗しょう症で背中が曲がることがあるので、骨粗しょう症を予防することで若々しい見た目を維持できます。

整腸作用を期待するなら1日100g以上が目安です。食べ物から摂った乳酸菌は定住しないので毎日食べ続けましょう。

カラーコーディネイトを学ぶのはアンチエイジングの一環

私がアンチエイジングで気をつけている事は
洋服のカラーコーディネートです。

カラーコーディネートは色彩検定の資格取得の
勉強をする時に身につけたのですが、ファッションを
始め自分のブランディングを行うのと、物作りを仕事に
したい私に最適な資格だと思ったのがきっかけです。

社会人一年生の時からクローゼットの中の洋服は
着回しが効く黒や茶系が中心でしたが、いつも他の人に
元気がない印象を与えがちでした。

人と接する時の態度や顔の表情なども影響しているのかも
しれませんが、初対面で暗く見せない努力が必要だと感じて
いました。幼い頃からファッションが好きで習慣にしている人は、
色彩検定を勉強しなくても自然と自分の洋服をコーディネート
出来るかもしれませんが、私が自信がありませんでした。

色彩検定を学んで知識を身につければ自分が似合う色を
知る事が出来るうえ、効果的な色使いについて学ぶ事が出来ます。
第一印象はその後の人間関係を左右するので、少しでも改善したかったのです。

色彩検定を学ぶうちに、自分が似合う色が春の色だという事が分かりました。
勉強を始めたのが今から20年以上前の事ですが、当時の診断は日本の
春夏秋冬の4タイプに分けていました。

似合う色が分かると、買い物を控えることが出来ます。流行の物を買いたいと思っても、
自分のクローゼットの中のワードローブを思い浮かべてから、合うかどうか考えると
たいてい買わなくても良くなります。

20代の頃は顔色が明るいので定番色でもそれなりに着こなす事が出来ますが、
30歳を過ぎると似合う色の助けがいるようになります。

似合う色の洋服は顔色を1トーン明るく見せますが、全部を買い替えるのはコストがかかります。上着の型が定番で似合わない物でも、中に着る服や小物をTPOに応じて変えれば、第一印象が良くなるのです。明度や彩度が高い色の場合は婚活パーティーにも使えますし、仕事の面接に使う時は定番色の中から選んでいます。

私にとってはカラーコーディネイトを学ぶのはアンチエイジングの一環ですが、色彩学に限らず好きな事を学んでいる時も役立ったと思います。

缶ジュースを一本だけ我慢すれば事足りるシワ対策

若々しい顔であると言い切れる基準の最たるものは、シワが少ないことです。

たった一本だけのシワでも、存在しているのであれば途端に老けている印象を周囲に与えてしまいます。シミや脂肪の除去に勤しむことも大切ですが、まずはシワの対策に取り組んだほうが賢明というわけです。

とは言え、高い料金のサロンに通ったり女優も愛用している製品を試すなどといったことは難しいと言わざるを得ません。通ったり使い続けるためには根気が必要ですし、それなりに費用もかかります。

なるべく支出を増やさない方法なら心理的な負担が少ないので、続けやすいと考えられます。そこで、日常生活で可能な二つの取り組みを実践してみると効果的です。そのうちの一方は少々の費用がかかることもありますが、缶ジュースを一本だけ我慢すれば事足りるほどの出費なので誰でも可能だと思います。

一つ目の取り組みは、髪の毛の状態を見るために目線を上に行かせ過ぎないことです。上を見ていれば、無意識的に額の皮膚が動きます。鏡を見れば一目瞭然なのですが、この状態では額にシワができているのです。同じことを何度も繰り返していれば、遅かれ早かれシワが定着して若々しくない顔が出来上がっている可能性があります。年齢を重ねてくれば白髪が気になるとは思いますが、二枚の鏡を使って可能な限り目線を上に行かせないように細心の注意を払うべきです。

もう一つの取り組みは、近くにある物や字が見えにくいときは恥ずかしがらずに老眼鏡をかけることです。加齢とともに視力に変化が生じることを理解していても、気持ちが若い人は老眼鏡を好まない傾向があります。

もしも無理に目を細めるなどの工夫によって物や字を見続けていれば、額にシワができやすい顔を継続して作り出していることと同義です。知らない間に老けた顔の印象に変化してしまいますから、少しでも見えにくいと感じる場面では積極的に老眼鏡をかけて額の皮膚をむやみに動かさないようにすると良いです。